7月例会 劇団東演公演「琉球の風」

あらすじ

東京の旅行代理店の新入社員・新城沙緒理が企画した「緑の沖縄ツアー」は売り出しとともに直ぐ完売してしまった。社員もびっくりしてしまうのだが、彼女の上司・片桐誠也は「?」としっくりこないものを感じていた。「沖縄の人たちって基本的に基地に反対しているよね」と話しかけてみるが、「反対している人だけでなく、賛成している人も無関心の人も大勢いますよ」と平静を装って答える彼女。そこへ観光庁からそのツアーについての問い合わせが本社に入る。主任は完売の喜びから一転、問題勃発かと慌ててしまうのだが・・・・。そんな所へ沖縄から新城の兄・芳郎が代理店を訪ねてくる・・・・。

長野市民劇場

長野市民劇場は、地元で素晴らしい演劇を定期的に鑑賞する会員制に演劇鑑賞団体です。 みんなで会費を持ち寄り、みんなで運営する会です。

0コメント

  • 1000 / 1000